【無料ダウンロード】3種類のシネマティックLUTs | For Premiere Pro

Brandon Woelfelの世界観からインスパイアを受け作成した「3種類のLUTs」エフェクト(Lumetriカラー)で使うことが出来ます。カラーの編集が初めての方でも簡単に使えるので、ぜひお試しください!実際に使ってみて良ければSNSでシェアもお願いします!

3種類のLUTs

ボタンをクリックすると「MEGA」というクラウドのページに移動します。そちらからダウンロードが出来る仕組みです。

How to : LUTsの使い方

①調整レイヤーを使う編集方法

まず、色編集を行いたい素材をタイムライン上に配置します。配置出来たら、調整レイヤーを素材の上に追加しましょう

続いて、追加した調整レイヤーを複製して二つにします。ここまで並べれたら、下の調整レイヤーで下地を編集します。

調整レイヤーを二つにする理由
シーケンスが複雑になってきた時に、カラー編集の微調整が楽になるのでこのやり方をご紹介しています。
下の調整レイヤーを選択して「Lumetriカラー」を開きます。ここの色の調整は皆さんが使っている映像素材を見ながら(基本補正・カーブ・ホイールなど)編集してください。
下地の編集が出来たら、次は上の調整レイヤーを選択して「Lumetriカラー>クリエイティブ>Look>参照」の順に進みます。
参照に進めたら、ダウンロードしたファイルを選択し読み込みましょう。
最後に映像を確認しながら「強さ」の値を調整して完成となります。

3種類のLUTs

ボタンをクリックすると「MEGA」というクラウドのページに移動します。そちらからダウンロードが出来る仕組みです。

本LUTsと一緒にこちらの「3種類のシネマティックLUTs」もご覧ください。非常にかっこよい仕上がりとなっています!





CREPOKEをフォローして新着記事を受け取ろう!