映像制作に役立つコンテンツや最新情報をお届け『CREPOKE Studio』をお楽しみください!

ルマフェードトランジションの編集方法 | Premiere Pro

本日のチュートリアルでは、Premiere Proを使ってルマフェードトランジションを解説していきます!

①ルミナンスキーを使う編集方法

Premiere Proを開いたら、トランジションを適応したい素材をタイムライン上に並べます。次に、二つの映像素材の間に青いラインを合わせて(左に15フレーム)進んでください。

続いて、(15フレーム)後ろの素材を前に移動しましょう。

出来たら、(15フレーム)残して後ろの素材をカット。このカットした素材にエフェクトから(ルミナンスキー)を追加してください。

コントロールパネルのルミナンスキーの項目に進みましょう。

まず素材の初めに青いラインを合わせて(しきい値)の時計アイコンを選択。秒数を素材の終わりに合わせて(しきい値)を0%に変更

以上で、ルミナンスキーを使った場合のルマフェードトランジションの完成です。

YouTubeでも解説しているので、ルミナンスキーを使った場合の編集方法を動画で確認したい方は、ぜひチェックしてみてください!

それでは、二つ目のパターンのグラデーションワイプを使ったルマフェードトランジションの編集方法を解説していきます。

②グラデーションワイプを使う編集方法

Premiere Proを開いたら、トランジションを適応したい素材を並べてください。続いて、二つの素材の間に青いラインを合わせて(左に15フレーム)進みます。

次に、後ろの素材を写真のように前に移動して(15フレーム)残して素材をカットします。

カット出来たら、エフェクトから(グラデーションワイプ)を追加

エフェクトコントロールパネルに進みましょう。秒数を素材の始まりに合わせて(変換終了)の時計アイコンをクリック。(値を100%)に変更します。

続いて、秒数を素材の終わりに合わせて(変換終了)の値を0%に変更。ここまで出来たら映像を確認しましょう!

以上で、グラデーションワイプを使った場合のルマフェードトランジションの完成です。

グラデーションワイプを使った編集方法もYouTubeで見る事が出来るので、ぜひチェックしてみてください!

CREPOKEをフォローして新着記事を受け取ろう!
>ブログ広告の出稿なら「CREPOKE Ads」

ブログ広告の出稿なら「CREPOKE Ads」

3DCGを用いた映像制作をはじめとするデジタル・コンテンツの情報を発信するCREPOKE Studioでは、ブログ・記事広告の新規受付を募集しています。求人掲載、商品・サービス紹介など承っております。まずは、お気軽にご相談ください。

CTR IMG