映像制作に役立つコンテンツや最新情報をお届け『CREPOKE Studio』をお楽しみください!

これを見れば『ISO』がわかる : 映像製作者のガイドブック「絞りとシャッタースピードの関係について」

ISOの意味を理解する事は、シャッタースピードと絞りというカメラの他の2つの要素を理解する事を意味します。

そして、この3つを一緒に使う方法を知っていれば、写真を美しく見せるだけでなく、美しい写真を撮る能力が偶然ではなく、意図的に発揮されるようになるのです

それでは、本日も見ていきましょう!

恭平

この素晴らしい情報を発信するにあたり「StudioBinderの協力を得ています。

彼らのサイト(StudioBinder)では、素晴らしいソリューションの提供や映像業界で役立つ情報を数多く配信しています。ぜひ、下記よりご覧ください!


カメラISOの究極ガイド


ISOを知る

ISOとは、International Organization Standardization(国際標準化機構)の略称です。

この組織は、カメラのセンサーの感度等級を標準化する主要な管理団体です。しかし、それは単なる雑学に過ぎず、私たちが写真を撮ったり、ビデオを撮影する時の為にも、ISOとは何か、どのように機能するかについても知っておいた方が良いと言えます。



ISOとは?

ISOは、カメラの光に対する感度を測定するものです。具体的には、デジタルセンサーが光に対して、どの程度敏感かを測定します(従来のカメラを使用している場合は、フィルムの感度も測定します)。50、100、200、400、800、1600、3200などの数字で表されます。

ISOの数値が低いほど、センサーは光に対して感度が低くなります。ISOの数値が高いと、光の感度が高くなります。つまり、ISOを100から200に変更すると、センサーの感度が2倍になるわけです

明るい環境では、低いISO(200以下)を使用するのが良く、光量の少ない暗い環境では、ISO感度を高く(400以上)にすると良いでしょう。

ISO100が標準とされていますが、より暗い状況では高い数値が最適です。しかし、ISOが高くなると画像が粗くなる可能性があることに留意してください。

ISOは、シャッタースピードと絞りを含む露出トライアングルの1点に過ぎません。ISO、絞り、シャッタースピードの3つをバランスよく使うことで、画像の粒状性と露出のバランスをとることが出来るのです



このビデオでは、ISOがどのように機能するのかを1分足らずで説明してくれています。ISOの設定によって画像にどのような違いが生まれるのかを見ていただいた後、他の2つの重要な設定である絞りとシャッタースピードとの関係によりどのように機能するかについて説明します。



ISOは単独で機能するわけではなく、画像に影響を与えるカメラ設定の一つに過ぎません。また、カメラのセンサーサイズなども考慮する必要があります。これらの設定を組み合わせるとどうなるのか?どんな画像が出来るのか?見ていきましょう。

露出の三角形は難しい概念ですが、私たちはすべてを説明したリソースを公開しました。『露出の究極のガイド』を無料でダウンロードし、撮影を始めてみましょう。(露出の究極のガイドをクリックすると、studiobinderのページに移動しダウンロードが出来る仕組みです)


ISO+シャッタースピード+絞り

ISOは、カメラのセンサーが光に対してどの程度敏感かを決めるものです。では、照明の少ない部屋にいる場合、どうすればいいのでしょうか?

ISOを3200まで上げれば良いというわけではありません。カメラの性能を最大限引き出すために、他のレンズの設定も確認する必要があります。

ISO、シャッタースピード、絞りの完璧なバランス、または完璧に近いバランスをとることが重要です。その例を紹介する前に、以下のビデオをご覧ください。この3つのコンセプトがどのように作用して、安定した高画質を実現するのかについての理解が深まります。



シャッタースピードと絞り

シャッタースピードと絞りについての他の記事をまだお読みでない方は、ぜひご覧になってみてください。

では、シャッタースピードとは何でしょうか?シャッタースピードとは、カメラに内蔵されているシャッターの開閉速度のことです。シャッタースピードは、光と動きの2つの重要な要素を決定します。

シャッタースピードが遅いと、シャッターが開いている時間が長くなり、光が大量に入るので、被写体が動いているとブレて写ることになります。



逆もまた真なり。シャッタースピードが速いと、わずかな光しか入らず、時間的に非常に早いスナップショットしか撮れないので、ブレが生じません。しかし、やはり、かなり暗い画像になってしまう可能性があります。そこで登場するのがISOです。

ISOについて触れていく前に、この中に絞りがどのように関わってくるのかも見ておく必要があります。

絞りとは、光が通過するレンズの開口部のことです。シャッターボタンを押して写真を撮ると、画像を取り込むための穴が開きます。その穴の大きさが『絞り』です。

穴が大きいと光が多く入り、小さいと光が少なくなります。単位はF値です。F値の数字が小さいほど、穴の大きさが大きくなります。ちょっとわかりづらいかもしれませんので、下記のイラストをご確認ください。

しかし、絞りはフレーム内の手前と奥のボケ具合、いわゆる被写界深度にも影響します。

絞りを大きくすると、レンズの開口部が大きくなり、背景がぼやけます。「被写界深度が薄い、被写界深度が浅い」というのは、このことを言います。逆に、穴や絞りが小さいとシャープな画像になり、一般的に「被写界深度が大きい、被写界深度が深い」と言われます。

下記のビデオでは、カメラの絞りと被写界深度の関係についてご紹介していきます。



被写体だけにピントを合わせ、背景をボカしたい場合はどうすればいいのでしょうか?答えはシンプルで、絞りを大きくする必要があります。そして、絞りを大きくすると、より多くの光を取り込むことが出来ます。ですが、この時に露出オーバーにならないように、ISO感度を少し下げる必要があります。(状況に応じて調整が必要)

そこで、問題に挑戦してみましょう。目標は、夜間のアメフトの試合を撮影することです。どのようにカメラの設定を調整すれば、下の写真のような画像が撮れるでしょうか?順を追ってみていきましょう。

上記の写真から気付けること

深い被写界深度(被写体と背景の両方にピントが合っている)
動きのある被写体へのフリーズフレーム(ブレが少ない)

実現したいポイントが分かったので、それを実現するために必要な設定を行っていきましょう。


被写界深度

実際、写真を見るとサッカー場とバックフェンスはかなりシャープのように見ることが出来ます。これは、絞りを小さくして、ISOをかなり高くすれば実現できます。夜なので、より多くの光を取り込むために、センサーの感度を上げる必要があると言えるでしょう。


フリーズフレーム

空中にいる瞬間を撮ろうと思ったら、シャッタースピードを遅くしないとブレてしまいます。なので、時が止まったような瞬間を撮るには速いシャッタースピードが必要になるということです


まとめ

この画像を撮影するためには、以下のものが必要です。

小さな値の絞り
高感度のISO
速いシャッタースピード

背景をぼかしてよりドラマチックな画像にしようと思えば、絞りを開けて被写界深度を浅くすればよいのです。でも、そうすると、上の写真のようにISOやシャッタースピードを調節して、しっかりと光を当てて固める必要があります。

この3つ(絞り、シャッタースピード、ISO)が関わり合って機能することがわかれば、後は、表現者であるあなたが色々と試して、一番気に入った設定を選ぶことが大切です。


被写界深度を知る

ここまでで、シャッタースピード、絞り、ISOについての3つの記事を読んでいただけたと思います。露出のトライアングルを理解し、それらがどのように作用しているかを理解することは、高品質の写真や映像を安定して撮影するために非常に重要です。しかし、クオリティの高いビジュアルを実現するための要素は、露出だけではありません。

シャープネスやぼかしを加えることで、あなたの技術に創造性が生まれます。更にレベルアップして、被写界深度をマスターしていきましょう。

次回の記事『被写界深度とは : 浅い被写界深度と深い被写界深度の例』もお楽しみください。


恭平

この素晴らしい情報を発信するにあたり「StudioBinderの協力を得ています。

彼らのサイト(StudioBinder)では、素晴らしいソリューションの提供や映像業界で役立つ情報を数多く配信しています。ぜひ、下記よりご覧ください!





CREPOKEをフォローして新着記事を受け取ろう!
>ブログ広告の出稿なら「CREPOKE Ads」

ブログ広告の出稿なら「CREPOKE Ads」

3DCGを用いた映像制作をはじめとするデジタル・コンテンツの情報を発信するCREPOKE Studioでは、ブログ・記事広告の新規受付を募集しています。求人掲載、商品・サービス紹介など承っております。まずは、お気軽にご相談ください。

CTR IMG