Maxon OneサブスクリプションにZBrushが追加されました。

3Dアーティストは、ハリウッドで信頼されているスカルプトツールZbrushを、既存のMaxon Oneサブスクリプションに追加費用無しで利用できるようになりました。

恭平

Cinema 4Dの質の高い情報を取り扱うにあたって、「Shutterstockが運営するPremiumBeatの協力を得ています。

彼らのサイト(PremiumBeat)では、素晴らしいソリューションの数々や映像関連の情報を数多く配信しているので是非下記よりご覧ください。


この数年、Maxonには大変な旋風が巻き起こっています。モーションデザイナーのためのツールから、本格的な制作会社へと急成長を遂げました。Cinema4Dで知られるMaxonは、Red Giantとの合併、Redshiftレンダーエンジン、Forgerアプリ、そして今回のZBrushスカルプトツールの買収で、大きな動きを見せています。
何年もの間、Cinema4Dは最終的にAdobeに売却されると思われていましたが、その後Maxonは独自の3DとVFXの帝国、サブスクリプションサービスを築き上げました。同社は、現在多くの制作・ポストプロダクションのツールでAdobeに対抗する事を目指しています。
2020年に始めてリリースされたMaxon Oneは、スタジオのサブスクリプションコストのもう一つのスタンダードとなりました。しかし、Adobeとは異なり、Maxonは単なるアップデートではなく、新しいツールを追加し続けているのです。
最新のメジャーアップデートには、ZBrushと、Redshift Everywhereの一部としてRedshift CPUの初回起動が含まれています


ZBrush

今年初めにZBrushを買収したMaxonは、今回、業界水準の3Dモデリングツールを値上げせずにMaxon Oneのサブスクリプションの一部として提供する事にしました

現時点では、追加の詳細は明らかにされていません。ZBrushはスタンドアロンアプリとして月額29ドルから、またはMaxon Oneの一部として月額99ドルから利用可能です。


Cinema 4D S26

昨年、大規模なUIのオーバーホールとアップデートが行われたばかりのCinema 4Dには、更にいくつかのマイナーのアップデートがあります。Redshiftとの統合や、ZBrushのリトポロジツールも追加されています

リリース26では、モデリング、アニメーション、シミュレーション、レンダリングの強化に重点を置いています。新しいツールとしては、布とロープのダイナミックスがあります。


Redshift

Redshiftは、3Dアーティストにとって標準的なサードプロパティレンダリングエンジンの一つとなっています。Cinema 4D、Houdini、3ds Max、Mayaなどと互換性があり、そのGPUスピードは一級品です。

Redshiftは最近、Macとの互換性のために、Apple Metalに移植されました。今回発表されたCPU版は、低電力マシンや大規模なCPUレンダーファームでRedshiftを利用するユーザーに、より多くのアクセスを提供することになります

また、今回のアップデートにより、あらゆるシステムでRedshiftのマテリアルとフォトリアリスティックレンダリングが可能になりました。新しいRedshift Standardマテリアルは、新しい業界水準を満たし、使いやすいソリューションとなっています。


Red Giant

VFX3では、シミュレーションされた光学モデルとレイトレースされた光に基づく新しいリアルレンズフレアツールが追加されました。これにより、ユーザーはレンズフレアの微調整やカスタマイズを行うことが出来るようになります。Knoll Light Factoryを完全に置き換えるものではありませんが、より芸術的な変化をもたらすフレアをコントロールすることが出来ます。

Magic Bullet SuiteにLooks用の新しいHalationとOptical Diffusionツール、OpenColorIOサポートが追加されました。

Trapcodeユーザー向けには、プラグインがM1 macに対応し、Particularにレイヤーマップが追加されました。

Universeは、映像にスケッチやトゥーン風のエフェクトを加える「Sketchify」と色の筋やぼかしを作る「Chroma Town」が追加されました。

更に、四角やひし形のレンズボケを表現する「Box Bokeh」クリップ間のクロスフェードを伸縮させてワープのように変化させる「Stretch Transition」を搭載しています。


Forger

Forgerは、支配的なモバイルモデリング及びスカルプティングアプリになる事を目指すMaxonの目標です。アップデートには、平面、立方体、球体、ピラミッド、トーラスなどのCinema 4Dプリミティブの追加が含まれています。多言語サポートにより、より多くの母国語でアプリを利用できるようになりました。


恭平

Cinema 4Dの質の高い情報を取り扱うにあたって、「Shutterstockが運営するPremiumBeatの協力を得ています。

彼らのサイト(PremiumBeat)では、素晴らしいソリューションの数々や映像関連の情報を数多く配信しているので是非下記よりご覧ください。





CREPOKEをフォローして新着記事を受け取ろう!